Combi

赤ちゃんに快適空間を

ココチエアー

scroll

赤ちゃん ココチエアー 赤ちゃんに快適空間を

赤ちゃんのホント

赤ちゃんは大人の約2倍、汗をかくことがあります。

“ 赤ちゃんは汗っかき ” とよくいわれます。
じつは赤ちゃんは大人よりも体温が高く、基礎代謝も活発なため、
より多くの汗をかいて体温を調節する必要があるのです。

  1. point01

    赤ちゃんは体温調節が苦手。

    赤ちゃんは自律神経のひとつである体温調節中枢の働きが未発達なので、大人のように体温調節がうまくできません。それができるようになる2歳頃までは、気温や状況に応じて赤ちゃんの体温調節機能を補ってあげることが必要だといわれています。

    赤ちゃんは体温調節が苦手。
  2. point02

    赤ちゃんは汗をたくさんかく。

    頭や額、背中、手のひら、足のうらは、熱を逃すために特に汗をかきやすい部分。乳児期は汗を分泌する汗腺が密集しているため、大人と比べて約2~3倍も汗をかくといわれています。汗を放っておくと風邪をひいたり、あせもなどのお肌のトラブルにもつながります。通気性の良い衣類やベビー用品を選んで、こまめに汗をケアしてあげましょう。

    赤ちゃんは汗をたくさんかく。
赤ちゃんのホント

体温調節が苦手な赤ちゃんのために。コンビが考えた、ココチエアー。

通気・空気の循環構造で赤ちゃんを快適に。

エアスルーシート

ベビーカー

チャイルドシート

エアスルーシート

体温調整が苦手な赤ちゃんのために、ベビーカー・チャイルドシートにはエアスルーシートを採用。ベビーカーに関しては背面だけではなく、座面のベースシート裏から通気が可能なモデルも。さらに、シートをはがした本体もエアスルー構造にすることで高い通気力を実現しました。

立体メッシュシート

チャイルドシート

立体メッシュシート

網目のように編まれた表面部に、さらに縦に繊維を通すことで立体的な構造を実現。この立体構造のメッシュ素材が空気の循環を良くするので、赤ちゃんのお肌をさらりとした状態に保ちます。

体温調節が苦手な赤ちゃんのために。コンビが考えた、ココチエアー。

実証実験

背面の通気までコントロール

※ディアクラッセを使用した実験映像です。

<体感温度 サーモグラフィ>

サームグラフィー

高い通気性で体感温度がダウン

通気しやすい構造により赤ちゃんの体感温度を下げるので 、夏場のおでかけも快適です。

※ディアクラッセを使用した実験映像です。

※体感温度:ミスナールの計算式を使用しています。

※試験条件:コンビ設定の試験条件で測定(背面部測定)。

※製品によって搭載されている機能は異なります。

背面の通気までコントロール

ココチエアーに込める想い。

ものづくりから考える赤ちゃんを守る技術。

杉山 光臣

当たり前のことですが、赤ちゃんは自分の思いを言葉にはできません。暑い時、大人ならば、水を飲み、薄着になったりと自身で体温調整ができますが、それができない赤ちゃんを守る為、「通気」には特にこだわって開発をしています。
たどり着いた答えはココチエアー。「シートそのものにどれだけ風を通すことができるのか」「赤ちゃんにとって、より快適な環境を実現するためにはどうすればいいのか」を常に考え続け、理想の通気環境を追求しています。

杉山 光臣(すぎやま みつおみ)コンビ株式会社  プロダクトセンター

ココチエアー搭載商品(一例)

空気の流れで、心地よさをつくる

空気の流れで、心地よさをつくる

Combi no Sugoikoto コンビだけの機能を見る

命のことから考える技術。

かけがえのない命を守り、育む。 赤ちゃんを愛するためのすべてをつくした、 コンビ独自の先進テクノロジー。

Protect!