自分らしくて、あたらしい、そんなくらしをイメージしよう。 ×
  1. オンラインショップ「CombiShop」
  2. 「新製品」情報はこちらから
  3. 創業60周年記念モデル

ベビー用品のコンビ株式会社

お問い合わせ窓口/アフターサポート

チャイルドシートの安全な使い方


幼児ベルト(腰、股、および肩)を外して使用していませんか?

お子さまが 転落するおそれがあります。

  • 安全の為に全ての幼児ベルトを装着することでお子さまを保持しています。チャイルドシートをご使用になる際は、必ず全ての幼児ベルトをご使用ください。
  • お子さまをお乗せになる時には、幼児ベルトは緩みがないように調整してください。(→お子さまとベルトの間に、大人の手のひらが入る程度の隙間が目安です。)
  • 幼児ベルトを締めずに乗せたり、締めかたが不完全の場合、使用中にお子さまが落下するおそれがあります。
  • 走行中は、チャイルドシートの操作や調節をしないでください。
ひとくちメモ お子さまは思わぬ動作をしますので、幼児ベルトを締めていても抜け出し、立ち上がるおそれがあります。 目を離さず、十分注意してご使用ください。

チャイルドシートは車にしっかり固定されていますか?

チャイルドシートがしっかり固定できない場合は、 本来の機能を果たさず大変危険です。

  • 車に取り付けるときは、車両シートベルトを取扱説明書および本体表示に従って正しく通して取り付けてください。
  • ISOFIX取付金具に取り付けるときは、コネクタを取扱説明書および本体表示に従って正しく固定し、インジケーターが「緑色」に変わっていることを確認してください。


お子さまは、正しい着座姿勢になっていますか?

お子さまの気道が圧迫され、チアノーゼを起こすおそれがあります。

  • 角度チェッカーで適切な角度になっていますか?
  • お子さまを深く座らせていますか?
  • インナークッションの使用方法は、適切ですか?
  • お子さまの体調に合わせてご使用ください。


お子さまが足を活発に動かしていませんか?

お子さまの皮膚はデリケートな為、本体や車の内装を足で蹴ったり擦ったりすると、 足にすり傷などが出来る場合があります。

  • 靴下を履かせたり、本体や車の内装部分にタオルをかけることをおすすめします。

可動部に手や指を挟まないように注意していますか?

持ち運びやリクライニング、回転等の操作をするときは可動部で手や指を挟むおそれがあります。

製品内部から異音はしていませんか?

製品内部から異音がする場合には、修理を必要とする可能性がありますので、コンシューマープラザへお問い合わせください。

当社指定以外の仕様へ変更していませんか?

出荷時に取り付けられている部品、および当社指定の部品以外は使用しないでください。
破損・故障や思わぬ事故につながるおそれがあります。

チャイルドシートの『標準使用期間』は、新規購入日からの経過年数となり、製品区分により異なります。

製品区分 適用体重 適用年齢(参考) 標準使用期間(年)
G0 新生児~10㎏未満 新生児~1才頃 5
G0+1 新生児~13㎏未満 新生児~1.5才頃
G01 新生児~18㎏以下 新生児~4才頃 8
G0+1 新生児~18㎏以下 新生児~4才頃
G012 新生児~25㎏以下 新生児~7才頃
G0+12 新生児~25㎏以下 新生児~7才頃
G123 9㎏以上36㎏以下 1才~11才頃 10
G23 15㎏以上36㎏以下 3才~11才頃

  • 標準使用期間を経過した場合、材料の経年劣化により、本来の性能を果せず危険を招くおそれがあります。不測の事態に備えてご使用をお控えください。
  • 新規購入日を記録するために、販売店発行のレシート(領収書)と取扱説明書を必ず保管してください。
  • 標準使用期間内においても、使用方法や環境、保管条件により故障する場合があり、この期間の品質を保証するものではありません。品質保証書に記載している「お買い上げ日より1年間」の保証期間を過ぎた場合の修理は有償となります。
  • 標準使用期間を過ぎた製品の修理は、製品全体の安全性の観点からお引き受けできません。
  • 使用履歴が不明な製品の再利用はお控えください。

スマートフォンページにアクセス

ページトップ