• トップ
  • 商品のご紹介
  • 事業部について
  • 学術発表実績
  • サイトマップ

加齢へ、遺伝子レベルアプローチ SOYPOLYA

概要

「ソイポリア」は人体における重要な生合成物質「ポリアミン」を供給する大豆抽出物素材です。
「ポリアミン」は人間が生命活動で重要な役割を担う「たんぱく質合成」や「細胞増殖」などに必須となる物質で、一部のアミノ酸などと同様自身の体内で生合成されますが、加齢により合成力が低下することが知られております。「ソイポリア」はこの重要な物質「ポリアミン」を規格化した機能性食品原料です。

ソイポリアとは?

遺伝子の潤滑剤ポリミアン

第一級アミノ基を2つ以上含む脂肪族炭水化物の総称で、「アミン」を多く含むためポリアミン(Polyamine)と名付けられました。「アミン」はアンモニアと類似しているため、ポリアミンは塩基性(アルカリ性)を示します。
ポリアミンには様々な構造の化合物がありますが、プトレスシン、スペルミジンおよびスペルミンが生体ポリアミンとして良く知られています。なかでもスペルミジンとスペルミンは動物細胞において約10μMと高い濃度に維持されており、特に重要な役割を持つことがうかがい知れます。

ポリアミンはアミノ酸と構造が良く似ており、生体内でもアミノ酸から生合成されます。アルギニンやオルチニンには「ポリアミンの原料になる」という役割もありますが、ポリアミンそのものを摂取する方が効率的です。また、ポリアミンは分子量が小さいので腸管から容易に吸収され、生体で利用されることが確認されてます。

ポリアミンの生合成経路

ポリアミンはあらゆる細胞に存在しますが、膵臓、前立腺、顎下腺などタンパク質合成の盛んな組織、再生時の膵臓など細胞増殖の盛んな組織に多く含まれます。

加齢に伴い減少するポリアミン

ポリアミンは、成長期など新陳代謝が活発な時期には盛んに合成されますが、加齢に伴って減少することが多数報告されています。

ソイポリアに含まれるポリアミンの生理機能

ポリアミンには様々な生理機能がありますが、中でも重要な機能は下記の3つです。

アルカリ性のポリアミンが、酸性の核酸を中和し構造を安定化
細胞増殖に先立って細胞内濃度が上昇
タンパク質合成に必須なRNAを安定化

訴求しやすいアンチエイジング素材

ソイポリアの特徴

  1. ポリアミン含有量が規格化されている
  2. 有効成分が濃縮されており、加工しやすい
  3. 食経験豊富な大豆(植物)由来でイメージが良い
  4. ポリアミン特有の臭いがない

多彩な生理作用を持つポリアミンは、これまでにも様々な研究報告がなされ、栄養素としても注目されつつあります。
ポリアミン含有量が規格化された「ソイポリアR」にはアンチエイジング素材としての期待が高まっています。

用途

美容(コラーゲン、毛髪等)、筋肉、活力、抗加齢(アンチエイジング)

剤形実績

サプリメント(錠、顆粒、ソフトカプセル、ハードカプセル、ゼリー)、飲料

ソイポリアの規格

製品名 ソイポリア®(SOYPOLYA®)

項目 規格値 試験方法
外観 淡黄色粉末 目視
水分 10%以下 乾燥減量法
ポリアミン含有量 0.15%以上 高速液体クロマトグラフ法
一般生菌数 3,000cfu/g以下 標準寒天培地培養法
真菌類 1,000cfu/g以下 ポテトデキストロース寒天培地培養法
大腸菌群 陰性 デソキシコレート寒天培地培養法
ヒ素 2ppm以下 原子吸光光度法
20ppm以下 原子吸光光度法
項目 内容
荷姿 アルミパウチ袋(ファスナー付)、1kg(入目)
特性 ・吸湿性を有する。
・クエン酸Naを含むためわずかに鹹味(塩味)がある
保管方法 ・高温多湿を避け、常温で保管してください。
・開封後は速やかにファスナーを閉じ、吸湿に注意してください。
賞味期限 2年間(未開封)
原材料表示例 大豆、クエン酸

お問い合わせ窓口

商品に関する事や技術的な事までご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

048-845-5710 【受付時間】9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ・資料請求

商品のご紹介

  • 殺菌乳酸菌 EC-12
  • 殺菌ビフィズス菌 BR-108
  • 酵素処理燕窩 コロカリア
  • アンチエイジング素材 ソイポリア
  • SOD活性誘導素材 GliSODin
  • 時計遺伝子に働きかけるネムノキ樹皮抽出物 ネムノス
  • 製品のご検討から販売までをアシスト COM-PAS
  • 学術発表実績
  • 生菌ではない先進的な乳酸菌原料、殺菌乳酸菌EC-12とは?