Combi 子育てに、イノベーションを。

赤ちゃんの安心環境をつくる

スリープシェル

scroll

赤ちゃん スリープシェル 赤ちゃんの安心環境

赤ちゃんの睡眠と発育。

赤ちゃんの発育にとって、睡眠はとても大切。
睡眠リズムの乱れは、ぐずりや夜泣きの原因ともいわれ、
脳や心身の発育に影響をあたえるとされています。
そのため、刺激の強い光や騒音、また不規則な生活などで
赤ちゃんの睡眠リズムを妨げることのないよう、質の良い睡眠環境できちんと寝られる習慣をつけてあげましょう。

赤ちゃんの睡眠と発育。

赤ちゃんのホント

生まれたてで未熟な赤ちゃんにとって、昼・夜の睡眠リズムをつけてあげることが大切です。

赤ちゃんは昼夜の区別なく、1〜3時間ごとに起きては寝るというリズムを繰り返します。
NICU(新生児集中治療室)でも昼夜の変化をつけた光環境での新生児ケアが推奨されており、
それによって、休息と活動のリズムがみられるようになることで、
昼間の活動が活発になり、ぐずりも少なくなると言われています。

昼夜の適切な睡眠リズムが赤ちゃんの発育において良い効果をもたらすという研究も報告されています。

赤ちゃんのホント

暗い環境の方が眠る子が多い!

光環境による、寝つく赤ちゃんの人数比較

寝つく赤ちゃんの人数比較グラフ

寝かしつける時、20ルクス未満の暗い環境(スリープシェルが実現できる環境)の方が多くの赤ちゃんが眠りました。

コンビ調べ(n=45、一般家庭の20時調査)

コンビは「睡眠」と「光」の関係性に着目しました。

コンビは「睡眠」と「光」の関係性に着目しました。
赤ちゃん目線
赤ちゃん目線

じつは、赤ちゃんと大人、感じている明るさが違います。

赤ちゃんが寝ているときは、いつも仰向け。
外出先では太陽の光、室内であれば蛍光灯など、視界には常に明るい光源が入ってしまうことに。
赤ちゃんが眩しさを感じることなく、安心して眠れるようにしっかりと光を遮ってあげましょう。

見て体感

赤ちゃん目線を体験しよう!

仰向けになっていることが多い赤ちゃんは、大人とは異なる目線です。

赤ちゃん目線を体験しよう!

スリープシェル

スリープシェルは眠りやすい光環境を作り出す。

スリープシェル イメージ
※イラストはイメージです。

ベビーカー、チャイルドシート、スウィングベッド&チェアに搭載されているスリープシェルは、赤ちゃんの足元をすっぽりと包み込み、安心環境を整えます。
お出かけのときも、夜の明るいお部屋でも
視野に入る強い光源を遮り、眠りやすい暗さをつくります。

スリープシェルは光環境だけではなく、赤ちゃんをあらゆる外的要因から守る安心環境を作り出します。

  • 紫外線対策
  • 花粉対策
  • ほこり対策
  • 撥水・雨対策

※製品によって搭載されている機能は異なります。

赤ちゃんをあらゆる外的要因から守る安心環境

スリープシェルに込める想い。

赤ちゃんの睡眠と成長を考えて

赤ちゃんの一番近くにある育児用品だからこそ、赤ちゃんにとって快適な睡眠環境を作ってあげられる事がとても重要だと思います。ママの気持ちに寄り添いたいという想いから、スリープシェルを開発しました。

黒澤 之子(くろさわ ゆきこ) コンビ株式会社 マーケティング室
スリープシェル搭載商品(一例)

眠りが、すこやかないのちを育む。

眠りが、すこやかないのちを育む。

Combi no Sugoikoto コンビだけの機能を見る

命のことから考える技術。

かけがのない命を守り、育む。 赤ちゃんを愛するためのすべてをつくした、 コンビ独自の先進テクノロジー。

Protect!