自分らしくて、あたらしい、そんなくらしをイメージしよう。 ×
  1. オンラインショップ「CombiShop」
  2. 「新製品」情報はこちらから
  3. 創業60周年記念モデル

ベビー用品のコンビ株式会社

はじめておはし (子供用矯正箸・しつけ箸)

はじめておはし (子供用矯正箸・しつけ箸)

『“やるき”が自然と育つ、日本のおはし。』

こどもがはじめて持つおはしだからこそ、すぐにつかめてやる気が育つものがいい。
「はじめておはし」はそんな想いから誕生しました。

能登産ヒノキの日本製のおはしには、押すだけですぐにつかめる「おはしアシスト」や、正しく持てる「かんたんリング」、しっかりフィットの「親指サポート」、すべらない「なみザラはし先」などのこだわり機能を凝縮。

3ステップで、長く使えるおはしです。

この商品をシェアする

製品ラインナップ

ライム(YE)

ライム(YE)

はじめておはし 木箸 右手用

1,650 円(+税)

すぐにつかめて、やる気が育つ!能登産ヒノキを使用した日本製のおはし。

2017年10月上旬発売

対象年齢:2才頃~

カラーラインナップを見る

  • ライム(YE)
  • この商品のクチコミを見る(コンビタウン)
カラー ライム(YE) [NEW]
右手用
※食洗機対応
まめちゃんの「はじめておはし」体験日記を見る!
  • 特許出願中
オレンジ(OR)

オレンジ(OR)

はじめておはし 木箸 左手用

1,650 円(+税)

すぐにつかめて、やる気が育つ!能登産ヒノキを使用した日本製のおはし。

2017年10月上旬発売

対象年齢:2才頃~

カラーラインナップを見る

  • オレンジ(OR)
  • この商品のクチコミを見る(コンビタウン)
カラー オレンジ(OR) [NEW]
左手用
※食洗機対応
まめちゃんの「はじめておはし」体験日記を見る!
  • 特許出願中

製品特長

"やるき"が自然と育つ、日本のおはし。【2017年10月上旬発売】

"やるき"が自然と育つ、日本のおはし。
はじめておはし
【日本製 能登産ヒノキ】たべるをたのしく、やさしく はじめておはし
すぐにつかめる!だから、やるきがそだちます。
こどもがはじめて持つおはしだから。すぐにつかめてやる気が育つものがいい。口に入れても、安心できるものがいいコンビは自然に食べられる形状を研究し、やさしい天然素材を用いました。それが、ベビーライフをデザインするコンビのこだわりです。
【日本製 能登産ヒノキ】はじめておはし 木箸 右手用・はじめておはし 木箸 左手用・食洗機OK・2本ばし・2才頃~
“できる”がつづいて、たのしくつかえる。
はじめておはし イメージ
かんたん押すだけ!「おはしアシスト」
バネを内蔵

おはしの開閉に慣れていないお子さまのために、コンビが着目したのは、戻るチカラ。
内蔵されたバネにより、つかんだ後は自然と正しい位置に戻るので、上箸を押すだけでかんたんにつかむことができます。

3つのポイントで、すぐにつかえる
point 1
正しく持てる「かんたんリング」
指を入れるだけで正しい位置に。リングタイプなので使い方がすぐにわかります。
しっかり持てる「親指サポート」
親指の付け根にしっかりフィットする独自形状により、下箸が安定してしっかり持てます。
point 2
point 3
すべらない「なみザラはし先」
「なみなみ」の段差と「ザラザラ」の塗装によるダブル加工で、つかみやすさを追求しました。
3ステップで、長くつかえる【特許出願中】
かんたんリング+おはしアシスト
リングに指を入れることで正しい指位置に。バネの力で開閉をサポートします。
step 1
おはしアシスト
正しい指位置を覚えたら「かんたんリング」を外し、薬指を下箸にそえる練習をします。
step 2
2本のおはし
薬指の横はらで下箸を支えられるようになったら、おはしだけで練習をします。
step 3
日本製だから、安心してつかえる。
開発者の声
コンビ株式会社 プロダクトセンター 一志 学
コンビ株式会社
プロダクトセンター
一志 学
こども目線の“つかいやすさ”とママ・パパ目線の “安心品質”にこだわりました。
商品を開発する際、ただ単に「つかえるようになる」ということだけではなく、食具としての品質や価値観を加えるべきと考えました。なぜなら、「日本の文化であるおはしを正しくつかえること」は一生の財産になるからです。

素材には石川県の能登産ヒノキを使用しました。ヒノキは、おはしに使われる素材の中では比重が軽く、小さなお子さまが使うものとしては最適だと考えます。そして、国内有数の漆器産地である福井県小浜にて塗りなどの仕上げを行うことで、使いやすさと品質の両面を追求した「本物の日本箸」ができました。

コンビのおはしはお子さまの成長に合わせてステップアップしながら、長く使っていただくもの。だからこそ、このおはしには「ずっと寄り添ってこどもの健やかな成長に役立ってほしい」という想いを込めています。
おはしを正しくつかえることは一生の財産に。
おはしは子供から大人まで、日々の食事に欠かせないもの。正しくつかえるようになるために大切なことは、「使ってみたい!」「できた!」そんな小さなやる気を育ててあげることです。日々のくらしと成長の中で、やる気を育み、一生の財産を身につけましょう。
「逆交差」で持つことの例
間違ったおはしトレーニングを続けていると…
2本のおはしをきちんと開閉する動作が身につかないままおはしを使用していると、ご飯をかきこむように食事したり、おかずにおはしを突き刺して食べる「握りばし」につながることも。また、指先の保持と安定した押さえが習得出来ていない「逆交差」で持つことなどがクセになってしまうと、大人になってから直しづらいばかりか、食事にストレスを感じるようになってしまう危険性があります。
おはしトレーニング Q&A
Q.いつ頃から始めれば良いの?
お子さまが、親指を上にしてスプーンを持つようになったら始めましょう。2才位から3才位に始めることが多いですが、個人差がありますので、お子さまが興味を持ち始めたときに、徐々に始めてみましょう。
スプーンの持ち方に個人差があります。
Q.全然おはしに関心を持たないのですが・・・。
お子さまと一緒に「おはしでつまんでみようゲーム」を行うなど「あそび・ごっこ」の要素を取り入れ、お子さまの関心を高めてみましょう。
Q.何度教えてもうまく持てず、あまりうるさく言うと持ちたがらなくなるのではと心配。
大切なのは、楽しみながら練習できること。すぐに上手にならなくても、何かをはさめた時に「上手にできたね」とほめてあげると、やる気が育って次のステップに進むことができます。やる気をうまく引き出し、焦らず無理せずトレーニングを進めてみましょう。

製品動画

子育てに、イノベーションを。
ページTOP