• トップ
  • 商品のご紹介
  • 事業部について
  • 学術発表実績
  • サイトマップ

学術発表・特許実績

EC-12関連

〈学術発表実績〉

Oral supplementation of a cell preparation of?Enterococcus faecalis?strain EC-12 stimulates superoxide dismutase production in the livers of healthy and arthritis-induced mice

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition (2023)

Heat-killed Enterococcus fecalis (EC-12) supplement alters the expression of neurotransmitter receptor genes in the prefrontal cortex and alleviates anxiety-like behavior in mice

Neuroscience Letters (2020)

Exploratory investigation of the anti-inflammatory effects of RNase A-treated Enterococcus faecalis strain EC-12

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2019)

??球菌Enterococcus faecalis EC-12的万古?素耐?基因??

食品与?酵工? (2018)

Preventive Effects of Heat-Killed Enterococcus faecalis Strain EC-12 on Mouse Intestinal Tumor Development

International Journal of Molecular Sciences(2017)

殺菌乳酸菌EC-12の腸発がん予防効果

FOOD Style 21?(2017)

加熱殺菌した乳酸菌Enterococcus faecalis EC-12株の摂取が健常な日本人成人女性の腸内環境に及ぼす影響と安全性の検討―ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験―

薬理と治療?(2016)

高密度濃縮殺菌乳酸菌(EC-12)による腸発がん予防およびその作用メカニズムの解明

がん予防学術大会 (2016)

殺菌乳酸菌EC-12摂取による褥瘡治癒促進

地域ケアリング (2016)

RNA of Enterococcus faecalis Strain EC-12 Is a Major Component Inducing Interleukin-12 Production from Human Monocytic Cells

PLOS ONE (2015)

褥瘡モデルを用いた殺菌乳酸菌EC-12経口投与による褥瘡の治癒促進効果

日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2015)

褥瘡モデルを用いた殺菌乳酸菌EC-12摂取による褥瘡の治癒促進効果

日本栄養改善学会学術総会(2013)

Oral Administration of EC-12 Increases the Baseline Gene Expression of Antiviral Cytokine Genes,IFN-γ and TNF-α, in Splenocytes and Mesenteric Lymph Node Cells of Weaning Piglets

Bioscience of Microbiota, Food and Health (2013)

Role of the mannose receptor in phagocytosis of Enterococcus faecalis strain EC-12 by antigen-presenting cells

Microbiology Open (2013)

末梢血単核球を用いた仔豚の免疫応答性の確認と母豚の殺菌乳酸菌EC-12摂取による仔豚の免疫応答性の向上

日本獣医学会学術集会 (2013)

Rapid Induction of an Immune Response in Rat Peyer's Patch after Oral Administration of Enterococcus faecalis Strain EC-12

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2013)

殺菌乳酸菌EC-12の体脂肪低減と腸内菌叢改善効果

新薬と臨床 (2013)

「殺菌乳酸菌EC-12」の加工特性

FOOD Style 21 (2012)

Enterococcus faecalis EC-12株加熱殺菌菌体のインフルエンザ治癒効果の評価

日本食品免疫学会 (2011)

Enterococcus faecalis EC-12株加熱殺菌菌体のインフルエンザ治癒効果の評価

日本薬学会(2011)

Evaluation of the heat-killed and dried cell preparation of Enterococcus faecalis against villous atrophy in early-weaned mice and pigs

Animal Science Journal (2011)

Nucleic acids of Enterococcus faecalis strain EC-12 are potent Toll-like receptor 7 and 9 ligands inducing interleukin-12 production from murine splenocytes and murine macrophage cell line J774.1

Immunology & Medical Microbiology (2010)

Oral administration of Enterococcus faecalis EC-12 cell preparation improves villous atrophy after weaning through enhancement of growth factor expression in mice

Biomedical Research (2010)

乳酸菌死菌体によるマウスマクロファージサイトカイン生産誘導

日本農芸化学会大会 (2010)

A cell preparation of Enterococcus faecalis strain EC-12 stimulates the luminal immunoglobulin A secretion in juvenile calves

Animal Science Journal (2009)

Diverse Immune Responses to Orally Administered Heat-Killed Cell Preparation of Enterococcus faecalis Strain EC-12 in Murine Immune Tissues

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2009)

殺菌乳酸菌体EC-12投与に対する各種免疫組織の応答の差異

日本食品免疫学会 (2009)

Enterococcus faecalis EC-12殺菌菌体製剤は小腸絨毛萎縮からの回復を促進する

日本栄養・食糧学会大会 (2009)

火傷モデルマウスにおける殺菌乳酸菌体EC-12の塗布又は経口投与による反応の違い

日本獣医学会学術集会 (2009)

乳酸菌投与は小腸上皮細胞の増殖を刺激し絨毛委縮からの回復を促進する

日本栄養・食糧学会大会 (2008)

アトピー性皮膚炎に対する乳酸菌の効果

皮膚の科学 (2008)

殺菌乳酸菌投与による仔ブタ小腸絨毛高の増加

日本栄養・食糧学会大会 (2007)

A cell wall preparation of Enterococcus faecalis strain EC-12 stimulates β-defensin expression in newly hatched broiler chicks

Animal Science Journal (2007)

Oral dose of lactic acid bacteria stimulates the recovery from porcine jejunal villous atrophy caused by weaning

Intermational Congress of Mucosal Immunology (2007)

Oral Administration of a Heat-Killed Cell Preparation of Enterococcus faecalis Strain EC-12 Stimurates the Gene Expression of Na+-K+-2Cl-Co-Transporter 1 in Rat Ileal Epithelial Cells

Biosci. Biotechnol. Biochem. (2007)

臨床現場で起こったほ乳期又は離乳期下痢に対する殺菌乳酸菌製剤(EC-12)の投与効果

日本豚病研究会報 (2006)

Cell Preparation of Enterococcus faecalis Strain EC-12 Prevents Vancomycin-Rsistant Enterococci Colonization in the Cecum of Newly Hatched Chicks

Poultry Science (2006)

殺菌乳酸菌EC-12株の経口投与後の各組織におけるサイトカイン産生の経時変化

日本栄養・食糧学会大会 (2006)

殺菌乳酸菌Enterococcus faecalis EC-12株のラット免疫組織による取り込み

日本栄養・食糧学会大会 (2006)

殺菌乳酸菌のビフィズス菌増殖効果

FOOD Style 21 (2005)

養豚における抗菌性成長促進剤使用の意味について考える

養豚の友 (2005)

健康な豚もアレルギー体質?

月刊ピッグジャーナル (2005)

ブタ浮腫病実験感染系を用いた市販Enterococcus feacalis殺菌菌体製剤(EC-12)の評価

日本獣医学会学術集会 (2005)

Effect of a cell preparation of Enterococcus faecalis strain EC-12 on digesta flow and recovery from constipation in a pig model and human subjects

Microbial Ecology in Health and Disease (2005)

アレルギー炎症疾患に対するEnterococcus faecalis EC-12の抗原特異的IgE抗体産生抑制と症状改善効果

日本食品免疫学会 (2005)

生菌剤を超える?乳酸菌菌体製造の実力

月刊PIG JOURNAL (2004)

Enterococcus feacalis cell preparation (EC-12) significantly alleviating diarrheal diseases in nursing piglets may replace antimicrobials

Joint INRRA-RRI Symposium (2004)

殺菌乳酸菌EC-12の整腸作用と皮膚アレルギー改善効果

食品と開発 (2004)

Effects of the Consumption of Heat-killed Enterococcus faecalis EC-12 Preparation on Microbiota and Metabolic Activity of the Faeces in Healthy Adults

Microbial Ecology in Health and Disease (2004)

免疫乳酸菌EC-12の新たな展開

New Food Industry (2004)

DNFB誘導マウス接触皮膚炎およびヒト金属アレルギーに対する乳酸菌加熱処理菌末(EC-12)の抗炎症効果の検討

日本皮膚アレルギー学会総会・学術大会 (2004)

Enterococcus faecalis死菌体(EC-12)の便通改善効果

日本栄養・食糧学会大会 (2004)

リステリア菌感染後における乳酸菌由来加熱死菌体EC-12の生体防御機構に及ぼす効果

新薬と臨床 (2004)

Enterococcus faecalis死菌体製剤(EC-12)の便通改善効果

Hindgut Club Japan (2003)

殺菌乳酸菌EC-12に関する最新の知見

食品と開発 (2003)

乳酸菌加熱処理菌末(EC-12)の抗炎症効果の検討

日本皮膚アレルギー学会総会・学術大会 (2003)

Enterococcus faecalis由来加熱死菌体成分の生体防御機構における効果

日本免疫学会総会 (2002)

殺菌乳酸菌「EC-12」とアガリクスの感染防御効果

FOOD Style 21 (2002)

〈特許実績〉

番号 名称 内容
特許第6185041号 表皮ブドウ球菌由来のグリセロール産生促進剤、皮膚表皮角化細胞由来の抗菌ペプチド産生促進剤、およびそれらの皮膚保護用外用剤への利用 エンテロコッカス・フェカリス Enterococcus faecalis EC-12(受託番号FERM BP-10284)の死菌体を有効成分として含有する、表皮ブドウ球菌由来のグリセロール産生促進剤。
特許第6138570号 免疫調節作用を有するRNA IL-12の産生を促進等することにより、ヒトの免疫機能を調節する、特定の塩基配列からなる1本鎖RNAを提供することが可能となる。
特許第5690270号 乳酸菌由来のRNAを有効成分とする組成物 乳酸菌における、免疫調整作用やサイトカインの産生を調整する作用の本体となる物質を同定し、当該物質を利用して、免疫調整作用を有する組成物、及びサイトカイン産生を調整する作用を有する組成物を提供する.
特許第5612870号 褥瘡改善作用を有する組成物 エンテロコッカス属に属する乳酸菌を有効成分として含んでなる、褥瘡の改善に用いるための医薬組成物。
特許第5970149号 経口摂取用組成物 体内SOD活性亢進作用を有する経口摂取用組成物を提供。
特許第5207313号 乳酸菌配合物及びその製造方法 小麦発酵抽出物及び乳酸菌殺菌菌体が混合されている乳酸菌配合物。マクロファージの活性化を向上させ、抗炎症作用、鎮痛作用、また、アレルギーの指標であるTh1/Th2バランスを改善する効果を有し、従来よりも大幅に微量で効果を誘導できる小麦発酵抽出物と乳酸菌菌体の配合剤を含む免疫賦活・アレルギー改善材を提供。
特許第5340555号 絨毛伸張剤 ヒトを含む動物において、小腸の絨毛伸張を促進せしめて消化吸収を改善しうる絨毛伸張剤を提供。
特許第5031249号 炎症抑制作用のある菌体含有組成物 リウマチ性関節炎等の炎症症状の進行抑制または改善効果を有する
特許第5172104号 ハンセン病発症予防作用のある菌体含有組成物 生体におけるらい菌の増殖抑制または低減に用いられる
特許第5371169号 薬剤耐性菌感染防除剤 バンコマイシン等薬剤耐性菌保菌乃至感染している家畜・家禽又は魚介類の感染防除剤として、合成抗菌薬や抗生物質を用いない特定の微生物剤を有効成分として用いる薬剤耐性菌感染防除剤、その感染防除方法を提供する。
特許第5411405号 家畜・家禽用下痢抑制剤 従来のように家畜・家禽の感染症に使用されてきた抗生物質や合成抗菌剤を使用することなく、効果的に下痢抑制剤効果を奏し、また、抗生物質耐性の病原性感染病に対しも予防および治療が可能となる、安全な下痢抑制剤
特許第4903559号 家畜・家禽類又は魚介類の感染防除剤 抗生物質や合成抗菌剤に頼ることなく、したがって、耐性菌が発生することもなく、且つ安全で、コスト面でも経済的な、家畜・家禽類又は魚介類に適用する感染防除剤

BR-108関連

〈学術発表実績〉

線虫を用いたビフィズス菌のパーキンソン病抑制作用の解析

日本乳酸菌学会年度大会 (2021)

Killed Bifidobacterium longum enhanced stress tolerance and prolonged life span of Caenorhabditis elegans via DAF-16

British Journal of Nutrition (2018)

Oral supplementation of Bifidobacterium longum strain BR-108 alters cecal microbiota by stimulating gut immune system in mice irrespectively of viability

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2018)

Sterilized bifidobacteria suppressed fat accumulation and blood glucose level

Biochemical and Biophysical Research Communication (2018)

B.longum BR-108 株殺菌菌体の単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)感染モデルマウスに対する感染抑制およびヘルペス症状緩和効果

日本栄養・食糧学会大会 (2017)

免疫機能製造時及び低下時における殺菌ビフィズス菌のウイルス感染症治療効果

日本薬学会 (2016)

Bifidobacterium longum BR-108の経口投与がマウス腸腸内環境に与える影響

日本乳酸菌学会年度大会 (2014)

マウススギ花粉症モデルにおける殺菌および生菌ビフィズス菌の効果

日本農芸化学会大会 (2013)

殺菌ビフィズス菌BR-108の免疫機能に及ぼす効果

FOOD Style 21 (2013)

〈特許実績〉

番号 名称 内容
特許第6803247号 ヘルペスウィルス感染症を改善又は予防するための組成物 ビフィズス菌を有効成分として含み、受託番号:NITE P-1317で寄託されているビフィドバクテリウム・ロンガム BR-108株である、ヘルペスウイルス感染症を改善又は予防するための組成物。

コロカリア関連

〈学術発表実績〉

Edible bird’s nest extract downregulates epidermal apoptosis and helps reduce damage by ultraviolet radiation skin of hairless mice

Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition (2022)

酵素処理燕窩「コロカリア」のインフルエンザウイルス感染阻害効果 

FOOD Style 21?(2020)

Improvement of Bone Strength and Dermal Thickness Due to Dietary Edible Bird’s Nest Extract in Ovariectomized Rats

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (2011)

閉経モデルラットを用いた酵素処理燕窩投与による皮膚膠原繊維層の肥厚及び骨密度の改善

日本栄養・食糧学会大会 (2010)

The expression of silylated high-antennary N-glycans in edible bird's nest

Carbohydrate Research (2008)

Edible bird's nest extract inhibits infulrenza virus infection

Antiviral Research (2006)

「酵素処理燕窩」のインフルエンザウィルス感染阻害効果

FOOD Style 21 (2006)

酵素処理燕窩「コロカリア」の生理効果

食品工業 (2006)

〈特許実績〉

番号 名称 内容
特許第5676077号 骨強度改善剤 構成の骨強度改善剤は、骨強度を増強する効果を有する燕窩の酵素分解物を主成分として含むことにより、効果的に骨強度を改善することができる。
特許第4559089号 ウイルス捕捉組成物、及びそれを吸着させたウイルス捕捉フィルター 原料の入手が容易で、安全性が高く、様々なタイプのウイルスを効率よく吸着できるウイルス捕捉組成物、及びそれを吸着させたウイルス捕捉フィルター

ソイポリア関連

〈学術発表実績〉

Activation of whole body by high levels of polyamine intake in rats

Amino Acids (2021)

ポリアミンを経口摂取した短腸症候群の症例について

日本ポリアミン学会 (2018)

ポリアミン経口摂取によるマウス熱ストレス精巣障害の保護効果と夏場の豚の精液状態に対する有効性

日本ポリアミン学会 (2017)

Oral administration of polyamines ameliorates liver ischemia/reperfusion injury and promotes liver regeneration in rats

Liver Transplantation (2016)

ポリアミン経口摂取による全身賦活効果の検討

日本ポリアミン学会 (2013)

ポリアミンの吸収と加齢の影響

日本ポリアミン学会 (2012)

〈特許実績〉

番号 名称 内容
特許第6301136号 ポリアミンを有効成分とする、軟骨組織の再生を促進するための組成物 ポリアミンを有効成分とする、軟骨組織の再生を促進するための組成物。
特許第6842820号 ポリアミンを有効成分とする、造精機能障害を改善するための組成物 スペルミン及びスペルミジンからなる群より選択される少なくとも一の化合物を有効成分とする、熱ストレス性の造精機能障害を改善するための組成物。
特許第5909173号 ポリアミンを有効成分とする、組織の再生を促進するための組成物 プトレスシン、スペルミジン及びスペルミンを有効成分とする、肝臓組織の再生を促進するための医薬組成物。

ネムノス関連

〈学術発表実績〉

ネムノスの機能ー統計遺伝子と睡眠ー

FOOD Style 21 (2020)

GliSODin関連

〈学術発表実績〉

GliSODinに関する最新の研究についてはこちら >>


Oral supplementation with melon superoxide dismutase extract promotes antioxidant defences in the brain and prevents stress-induced impairment of spatial memory

Behavioural Brain Research (2009)

Prevention of inflammation-mediated acquisition of metastatic properties of benign mouse fibrosarcoma cells by administration of an orally available superoxide dismutase

British Journal of Cancer (2006)

SOD活性誘導食品(オキシカイン®)の経口投与によりもたらされる廃用性筋萎縮の抑制効果

日本フリーラジカル学会学術集会 (2005)

Reduction of diabetes-induced renal oxidative stress by a cantaloupe melon extract/gliadin biopolymers, oxykine, in mice

BioFactors (2005)

オキシカインにより誘導される抗酸化酵素の保健効果

FOOD Style 21 (2004)

良性マウス線維肉腫細胞の炎症を介した悪性化進展の経口 SOD剤投与による抑制

日本癌学会学術総会 (2004)

経口 SOD剤投与による退縮型マウス繊維肉腫細胞の炎症を介した転移能獲得の抑制

日本がん転移学会総会 (2004)

オキシカイン™経口投与による担癌マウスの生体防御機構における影響について

日本バイオセラピィ学会 (2002)

protygold関連

〈学術発表実績〉

準備中

お問い合わせ窓口

商品に関する事や技術的な事までご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

048-845-5710 【受付時間】9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ・資料請求

商品のご紹介

  • 殺菌乳酸菌 EC-12
  • 殺菌ビフィズス菌 BR-108
  • 酵素処理燕窩 コロカリア
  • アンチエイジング素材 ソイポリア
  • SOD活性誘導素材 GliSODin
  • 時計遺伝子に働きかけるネムノキ樹皮抽出物 ネムノス
  • 「学ぶ+考える」脳の働きをサポートするプロティゴールド
  • 製品のご検討から販売までをアシスト COM-PAS
  • 学術発表実績
  • 生菌ではない先進的な乳酸菌原料、殺菌乳酸菌EC-12とは?
  • からだを元気にする 乳酸菌「EC-12株
  • オンラインセミナー集
  • LSフォース