産まれたての頭を守る。 エッグショック Combi Quality ×

ベビー用品のコンビ株式会社

コンビについて

社会への取り組み

次世代育成支援

次世代育成支援企業としての取り組み

コンビ株式会社は「次世代育成支援対策推進法」に基づき、次世代の育成に向けて積極的に子育て支援策に取り組んでいる企業として、2007年、2009年、2011年、2014年に厚生労働大臣より認定を受け、現在は第5期計画期間として以下の目標に取り組んでおります。
「赤ちゃんを育てることが楽しく幸せだと思える社会をつくる」というブランドビジョンのもと、会社独自の男性向育児休暇制度の導入や第3子への出産祝い金200万円など、ベビー用品メーカーとして早期から仕事と子育ての両立を実現する労働環境整備に努めてきました。
今後も赤ちゃんのまわりにいるみんなが育児に参加できるような環境整備を推進してまいります。

「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画

■第5期計画期間 : 平成26年10月1日 ~ 平成29年9月30日

<雇用環境の整備に関する事項>

目標1) 計画期間内の年次有給休暇の平均取得水準を以下のようにする。
1 女性の育児休業取得率を95%以上とする。
2 子が生まれた男性に付与している5日間の特別有給休暇の取得率を85%以上とする。
目標2) 計画期間内の年次有給休暇の平均取得水準を以下の水準にする。
厚生労働省就労条件総合調査結果値を10%以上上回る。

<上記以外の次世代育成支援対策に関する事項>

目標3) 地域の妊産婦や子育て施設に対して支援を行う。
1 妊産婦向けに出産、授乳などに関するセミナーを開催する。
2 Webを通じた出産、子育てに関する情報提供、コミュニティ提供を行う。
3 全国の乳児院・社会福祉施設に製品寄付を行う。
4 従業員の子が通う保育園に製品寄付を行う。
目標4) 親の役割と保育、子どもの育つ環境について理解させる教育支援を行う。
主に中学生・高校生に向け、子育てに係る商品・サービス等について、開発視点を加えた教育プログラムを提供し、教育支援する。

キャリア教育支援

コンビは、キャリア教育支援の一環として、中・高校生向けにコンビのノウハウを活かした教育支援プログラムに取り組んでいます。

世界中の子供たちのために

世界中の子どもたちに、幸せな毎日を送ってほしい。そのために自分たちの利益を役立てることはベビー用品メーカーとして当然のことだと考えます。 だから私たちは日本赤十字社に協賛し、その活動を支援しています。

ベビーカーや玩具などの自社製品を乳児院などへ寄贈

全国にある乳児院※と一部の社会福祉施設へ私たちは自社製品を贈っています。 この活動は2006年から毎年実施され、2009年からはベビーウエアも寄贈品に加わりました。これまでにベビーカーやベビーラックなど大きなものから子守帯やおもちゃまで、個々の施設の要望に沿った製品寄贈 を実施しています。

※乳児院は、家庭での子育てが困難な場合に、24時間体制で0歳からの子どもを預かり養育する子育て(家庭)支援施設で、子どもたちの養育とともに保護者への 支援を行っています。社会福祉法人全国社会福祉協議会に設置された全国乳児福祉協議会を全国組織とし、全国に132ヵ所(2014年5月31日現在)あります。

ブランドデーに近隣清掃活動(社会貢献活動)の実施

ブランドデーとは:2002年5月18日・ブランドロゴ、プラットフォームを設定した日を記念して定めた「コンビのブランドについて改めて考える日」です。

・自分にとってコンビブランドとは何だろう?
・自分がコンビブランドにできることは何だろう?
・社外の誰か一人にでもブランドビジョンを伝えよう…等々

玩具業界のバリアフリー化に貢献

コンビは日本玩具協会主催の「小さな凸実行委員会」(1990~)に、発足と同時に参画。玩具業界全体のバリアフリー化に貢献しています。

  • アプリ

  • メールマガジン登録

  • 最新カタログ

  • 公式ツイッター

  • 動画チャンネル

スマートフォンページにアクセス

ページトップ