夏(6月~8月頃)の肌着&
ウェアの選び方
【新生児~1歳頃まで】!
月齢別おすすめもご紹介

夏の厳しい暑さはママ・パパにはもちろん、赤ちゃんにとっても大敵。特に生まれたばかりの赤ちゃんは基礎体温が高く、体温調節が苦手なため、通気性がよく汗を吸い取ってくれる肌着が重要です。また、外は暑くても室内はエアコンで意外と肌寒いこともあるのが、夏の難しいところ。適度に体温調節ができるよう、はおりものの用意も必要です。ここでは、赤ちゃんが快適に夏を過ごせるよう、新生児~1歳頃までの肌着・ウェアの選び方をご紹介します。

目次

夏の肌着・ウェア選びのポイント

夏の赤ちゃん

赤ちゃんは基礎体温が高く、生まれたばかりの頃は体温調節も苦手です。汗もかきやすいので、夏の肌着・ウェアは素材や丈に気を付けましょう。素材は通気性、吸水性の良いものが◎。ガーゼやSZ天竺などの素材を選びましょう。丈は大人と同じように、半袖やノースリーブで。ただ、夏の室内はエアコンがきいていることも多いです。はおりものを用意しておき、体温調節しましょう。また、寒さ対策としてオールシーズン(春・秋)用の肌着・ウェアを用意しておくと安心です。お出かけ時はベビーカーの日除けを活用したり、薄手のはおりものを着せるなどして、直射日光を避けましょう。

夏は通気性、
吸水性の良い素材がおすすめ

夏は赤ちゃんも汗をかきやすいため、通気性・吸水性がよく、乾きやすい素材を選びましょう。代表的なものはガーゼやSZ天竺といった素材です。ただ、外出先等ではエアコンが強くきいていて、肌寒く感じることも。基本は、はおりもので調整できますが、春秋などに着せるオールシーズン用の肌着・ウェアを用意しておくと安心です。また、暑い日はおうちの中では肌着1枚ですごすことも。お肌に直接触れるため、チクチクしないよう、外縫いになった肌着を選びましょう。

ガーゼSZ天竺フライス / アイレットフライス
ガーゼ

通気性に優れ、汗をすばやく吸収。乾きが早いのも特長です。

SZ天竺

表面に凹凸感があり、肌に触れる面が少ないため、さらりとした肌触りの素材です。

フライス / アイレットフライス

通気性・伸縮性に優れた素材です。やわらかい肌触りが特長です。

寒い室内用に、はおりものも用意

夏は外がとても暑いため、半袖や夏素材の肌着・ウェアの準備だけに注意が向きがち。でも、忘れてはいけないのが、室内のエアコンです。自宅であれば室温を調整できますが、お出かけ先では寒いくらいエアコンがきいていることもあります。そんな時に備えて、アフガン(おくるみ)やベスト、カーディガンなどはおりものを用意しておきましょう。お出かけ先にも持っていくと、いざという時の体温調節に役立ちますよ。

お出かけ時には日差しに注意

赤ちゃんのお肌はデリケートなので、長時間強い紫外線を受けないよう気をつけましょう。ベビーカーを利用する場合は、幌(日除け)が大きなタイプを選ぶのがおすすめです。また、お肌には日焼け止めを塗ったり、薄手の長袖のはおりものを着せたりして、直射日光を避けるとよいでしょう。

夏らしいさわやかな
コーディネートを!

夏のベビーコーディネート 夏のキッズ(男の子)コーディネート 夏のキッズ(女の子)コーディネート

夏は涼しげなコーディネートを楽しみたいですよね!コンビミニのラップクラッチ(カバーオール)や、3カ月頃から着せられるラップコンパクト(ロンパース)は上下セパレート風のデザインになっていて、マリンスタイルなど夏らしいデザインをたくさんラインナップしています。さわやかなパステルカラーのウェアや、マリンボーダー、海がモチーフの柄を選ぶと夏らしさが増して、赤ちゃんとの時間も楽しくなりますよ!

月齢別の夏の肌着&
ウェアの選び方

【新生児(生後0~1カ月頃)】に必要な夏の肌着とウェア

生まれたての赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごします。そのため、肌着はワンタッチ短肌着、ウェアはドレス型のラップドレス(新生児ドレス)を着せましょう。夏は暑さが厳しいため、ガーゼなど通気性の良い素材がおすすめ。普段はワンタッチ短肌着の上にラップドレスを着せますが、暑さが厳しいときは肌着1枚でも過ごせます。ただ、室内が寒い場合もあるので、オールシーズン用の肌着もあると安心。サイズは50~60cmくらいが目安です。

夏素材のワンタッチ短肌着、
コンビ肌着を用意

新生児の肌着はワンタッチ短肌着、コンビ肌着を着せます。ガーゼや綿100%(SZ天竺、フライス)など、通気性・吸水性がよく乾きやすい素材を選びましょう。赤ちゃんは汗をかきやすく、肌着も汚れやすいため、ワンタッチ短肌着とコンビ肌着をそれぞれ、最低でも5枚くらいは用意しておくと安心。半袖やノースリーブのものを選びましょう。また、エアコンの寒さ対策として、天竺やフライスでできたオールシーズン用の肌着も用意しておきましょう。

オールシーズン用半袖・夏素材
(ガーゼなど)
ワンタッチ短肌着ワンタッチコンビ肌着ワンタッチ短肌着ワンタッチコンビ肌着
ワンタッチ短肌着 ワンタッチコンビ肌着 ワンタッチ短肌着 ワンタッチコンビ肌着
~5枚
~5枚
~5枚
~5枚
50cm ~ 60cm
50cm ~ 60cm
50cm ~ 60cm
50cm ~ 60cm

丈が腰くらいまでで、そのままオムツ替えができる新生児の定番肌着。コンビミニのワンタッチ短肌着は前をワンタッチテープで留められます。夏素材と合わせてオールシーズン用も持っておきましょう。

コンビ肌着は丈が股下までで、スナップボタンで留める仕様です。足がバタバタしてもはだけないため、足を動かしはじめたら着せることが多いです。また、オムツから漏れた汚れも肌着でカバーできます。

夏はガーゼなど、通気性・吸水性がよく、乾きが早い素材がぴったり。たくさん汗をかくことを考えて、少し多めに用意しておいてもいいかもしれません。

コンビ肌着も夏用の素材を用意しておきましょう。少しお部屋が寒いときは、ワンタッチ短肌着の上にコンビ肌着を重ね着してもOKです。

*ワンタッチ肌着は、ワンタッチテープで留められるコンビミニオリジナルの短肌着です。

肌着の上にラップドレス
(新生児ドレス)を着せましょう

生まれたての赤ちゃんにはドレス型のラップドレス(新生児ドレス)を肌着の上から着せましょう。赤ちゃんをくるむような形なのでねんねしながら着せられて、オムツ替えなどもラクチンです。夏は丈が短く半袖、外縫いのものを選びましょう。

半袖ガーゼラップドレス
(新生児ドレス)
半袖ガーゼラップドレス(新生児ドレス)
~2枚
50~60 cm

赤ちゃんの全身をすっぽり覆って前で留める、ドレス型のウェアです。夏場は、少し丈が短く涼しい夏丈のラップドレスを用意しましょう。

*ラップドレスはワンタッチで脱ぎ着せができるコンビミニオリジナルの新生児ドレスです。

室内の寒さ対策にも!はおりものや帽子を揃えましょう

暑い夏の日は薄着になりがちですが、室内のエアコンに要注意!大人でも肌寒く感じるような場合は、赤ちゃんにも防寒できるものが必要です。サッと体温調節に役立つのが、はおりもの。新生児には、アフガン(おくるみ)、スリーパーがおすすめです。3カ月頃を過ぎたら、ベストやカーディガンなどで調節を。素材はパイル地などが定番です。足元の寒さ防止には、ソックスやレッグウォーマーを活用しましょう。帽子も体温調節に役立つほか、赤ちゃんをよりキュートに見せてくれますよ!

ベストアフガン(おくるみ)帽子レッグウォーマー
ベスト アフガン(おくるみ) 帽子 レッグウォーマー
~2枚
~2枚
~2枚
~2枚

身ごろはスナップボタンで開閉できて、眠ったままのお着替えもカンタン。新生児におすすめです。夏場はパイル地など通気性の良いものを用意しましょう。

ねんねの時にくるんだり、ブランケットとして使用したりと、さまざまな用途で活躍します。夏はガーゼ素材のものがサラッとして快適です。

赤ちゃんの頭部の防寒には帽子を活用しましょう。カンタンに体温調節できて、見た目もキュートです。

ソックスやレッグウォーマーは足元の防寒の定番アイテム。夏とはいえ、室内の体温調節のために、いくつか用意しておくとよいでしょう。

夏におすすめ!お役立ちアイテム

夏のワンタッチ短肌着とラップドレス
【基本の着せ方】

ワンタッチ短肌着の上に、ラップドレス(新生児ドレス)を着せます。まずは、赤ちゃんを寝かせて、短肌着を着せましょう。次に、同じ手順でラップドレスを着せます。ワンタッチテープで留められるので、とてもラクチンですよ。真夏日など暑さが厳しいときは、肌着1枚でもOKです。

カンタン3ステップ!
ワンタッチ短肌着の着せ方

STEP 1
STEP 2
STEP 3
STEP 1 STEP 2 STEP 3

ワンタッチ短肌着を広げて赤ちゃんを寝かせ、両腕を袖に通します。

一番上のテープをピタッと留めます。

サッと、残りのテープを留めます。

カンタン2ステップ!
ラップドレスの着せ方

STEP 1
STEP 2
STEP 1 STEP 2

肌着を着せたら、広げたラップドレスの上に赤ちゃんを寝かせ、両腕を袖に通します。

上からワンタッチテープを留めます。

【生後1カ月~3カ月頃の赤ちゃん】に必要な夏の肌着とウェア

1カ月頃を過ぎたら、少しずつラップドレスを卒業してラップクラッチ(カバーオール)に切り替えましょう。ラップクラッチなら足を通すようになっているので、1カ月頃から足をバタバタしてもはだけません。夏は半袖で、通気性の良い素材を選びましょう。肌着は引き続きワンタッチ肌着(短肌着)やコンビ肌着で問題ありません。サイズは50~60cmくらいが目安です。

肌着は夏素材のワンタッチ短肌着、
コンビ肌着を着せましょう

3カ月頃までは、半袖・夏素材(ガーゼなど)のワンタッチ短肌着、コンビ肌着を着せましょう。赤ちゃんが足をバタバタさせる場合は、短肌着だとはだけるかもしれませんので、コンビ肌着を着せましょう。

ウェアは夏丈のラップクラッチ
(カバーオール)を

1カ月頃からはラップクラッチ(カバーオール)を着せましょう。上下一体になったパンツ型のウェアなので、足をバタバタしてもはだけません。夏は、丈が少し短くなった夏丈のラップクラッチが最適。素材はフライスなど、綿100%のものがおすすめです。

夏丈ラップクラッチ
(カバーオール)
夏丈ラップクラッチ(カバーオール)
50 ~ 60cm
~2枚

ワンタッチテープでカンタンに留められるパンツ型のウェア。オムツ替えカンタンで、漏れた汚れもカバーできます。夏は丈が短くなったものを選びしょう。

*ラップクラッチは脱ぎ着せがカンタンにできるコンビミニオリジナルのカバーオールです。

【生後3カ月~6カ月頃の赤ちゃん】に必要な夏の肌着とウェア

3カ月頃から徐々に赤ちゃんの首がすわってきます。少しずつ動きも活発になるため、より身体にフィットする、ボディスーツタイプの肌着がおすすめ。この時期は前開きボディTシャツを着せましょう。ウェアはラップクラッチ(カバーオール)か、5カ月~6カ月頃からはラップコンパクト(ロンパース)がぴったり。素材は肌触りがさらっとして、夏場でも快適な綿100%がおすすめです。真夏はノースリーブも涼しいです。サイズは60~70cmくらいが目安。

肌着は前開きボディTシャツを。ワンタッチ肌着も◎

3カ月~4カ月頃まではワンタッチ短肌着を着せられます。5カ月~6カ月頃を過ぎると赤ちゃんの動きも活発になってきます。ワンタッチ肌着だと着崩れやすくなるので、より身体にフィットする前開きボディTシャツに切り替えましょう。

夏素材の
ワンタッチ短肌着
前開き半袖
ボディTシャツ
夏素材のワンタッチ短肌着 前開き半袖ボディTシャツ
50 ~ 60 cm
50 ~ 60 cm
~5枚
~5枚

4カ月頃になって首がすわるまでは、ワンタッチ短肌着を着せましょう。夏はガーゼ素材など、薄手で汗が乾きやすく、肌触りが良いものがおすすめです。

首がすわってきたら、前開きボディTシャツを着せると、動いても着崩れしにくいです。半袖で涼しいものを選びましょう。

ウェアは夏丈のラップクラッチか
ラップコンパクト(ロンパース)

5カ月頃まではラップクラッチで問題ありませんが、5~6カ月頃を過ぎると動きが活発になってきます。より動きやすい、ラップコンパクト(ロンパース)に切り替えましょう。ラップクラッチは上下一体のウェアですが、下半身がブルマになっていてセパレート風のコーディネートを楽しめます。ハイハイやおすわりをしても締めつけないので、この時期の赤ちゃんにぴったり。下半身がブルマなので夏でも涼しく過ごせます。さらに、半袖で薄手の素材でできたものだと夏は快適です。

夏丈ラップコンパクト
(ロンパース)
夏丈ラップワンピース
(ロンパース)
夏丈ラップコンパクト(ロンパース) 夏丈ラップワンピース(ロンパース)
60 ~ 70 cm
60 ~ 70 cm
~2枚
~2枚

トップスとボトムのブルマが一体になったロンパースです。ハイハイなどで動き回ってもはだけません。夏はさらっとして薄手の素材でできた、半袖のものを選びましょう。

ラップコンパクトのトップスがワンピース風になったデザインで、女の子にぴったり。夏は薄手の素材を選び、袖が短いものが涼しくおすすめです。

*ラップコンパクト・ラップワンピースは1枚でセパレートのようにコーディネートを楽しめるコンビミニオリジナルのロンパースです。

【生後6カ月~8カ月頃の赤ちゃん】に必要な夏の肌着とウェア

6カ月頃を過ぎると、腰もすわりはじめ、ハイハイやおすわりも始まります。その分、赤ちゃんの動きもどんどん活発になってくるため、動きやすい格好がぴったり。肌着はかぶりボディTシャツに切り替えると、より動きやすく快適です。通気性の高いものを選びましょう。また、ウェアは半袖・ノースリーブのラップコンパクト(ロンパース)を着せましょう。サイズは60~70cmくらいが目安です。

肌着は夏素材のかぶり
ボディTシャツがおすすめ

6カ月頃を過ぎて、ハイハイなどより活発に動きはじめるタイミングで、かぶりボディTシャツに切り替えましょう。より身体にフィットする上、前開きのスナップボタンもないため動きやすく、ゴロゴロ寝転がっても不快感がありません。夏は半袖・タンクトップが快適です。

半袖かぶりボディTシャツ
半袖かぶりボディTシャツ
60 ~ 70 cm
~5枚

腰がすわって動きが活発になりはじめたら、上からかぶって着せるタイプの、かぶりボディTシャツを着せましょう。たくさん動いても、身体にフィットして動きやすいです。夏は半袖・タンクトップで通気性・吸水性の良いものを選びましょう。

ウェアは引き続きラップコンパクトやラップワンピースでOK

6~8カ月頃のウェアは、ラップコンパクトで問題ありません。ラップコンパクトなら、たくさん動いても着くずれしにくく、動きやすいです。夏場は丈が短く、さらっとした着心地の素材を選びましょう。

【生後8カ月頃~の赤ちゃん】
の夏の肌着とウェア

この頃の赤ちゃんはハイハイを卒業して、つかまり立ちやたっち、つたい歩きをはじめます。8~10カ月頃は「かぶりボディTシャツ + ラップコンパクト」の組み合わせでOKですが、11カ月頃から、徐々にセパレートのウェアに切り替えていくとよいでしょう。夏は半袖Tシャツやハーフパンツ、スカートなどを着せて、肌触りの良い素材を選べば問題ありません。サイズは70~80cmくらいが目安です。

肌着は夏素材のかぶり
ボディTシャツかセパレート肌着が◎

8カ月~10カ月頃などハイハイの時期はかぶりボディTシャツでOKですが、11カ月頃からつたい歩きやたっちをはじめたら、セパレートの肌着にチャレンジ。

かぶりボディTシャツセパレート肌着
かぶりボディTシャツ セパレート肌着
70 ~ 80 cm
70 ~ 80 cm
~5枚
~5枚

ハイハイの頃はかぶりボディTシャツでOK。通気性が良く、夏丈の肌着を用意しましょう。つたい歩きをはじめるくらいになったら、セパレートのウェアや肌着に切り替える目安です。

11カ月~1歳頃になったら、セパレート肌着にデビューしましょう。吸水性、速乾性に優れた肌着の上に、セパレートウェアを着せましょう。

上下別のトップス&
ボトムスにデビュー!

8カ月頃~ハイハイを卒業する頃まではラップコンパクト(ロンパース)で大丈夫。11カ月~1歳頃を過ぎて、つたい歩きなどをはじめたら、少しずつトップス、ボトムスが分かれたセパレートウェアに挑戦してみましょう。

トップスボトムスはおりもの
トップストップス ボトムスボトムス はおりものはおりもの
70 ~ 80 cm
70 ~ 80 cm
70 ~ 80 cm

夏のトップスはTシャツなど、定番のものを用意。海やボーダー、ヨットなど夏らしいデザインを楽しみましょう。

夏のボトムスは男の子ならハーフパンツ、女の子ならスカートがおすすめ。上下のコーディネートを楽しみましょう。

夏の室内は寒いことも多いので、はおりものとしてカーディガンを用意しておきましょう。

コンビミニおすすめ!
夏のベビー・キッズウェア
コーディネート

コンビミニのウェアはさまざまな工夫が詰まった快適な着心地が特徴。夏もさらっと快適、さわやかなデザインでコーディネートも楽しめます。

新生児向け(0~1カ月頃)

基本のワンタッチ肌着(短肌着)、ラップドレス(新生児ドレス)を揃えましょう。

・まずはコレ!最初に必要な肌着とウェア、ガーゼハンカチが付いたセットがおすすめです。 ・さらに、便利なワンタッチ肌着セットと人気のラップドレスも。

生後1カ月~3カ月頃向け

ラップクラッチはワンタッチテープでとめられて、オムツ替えラクラクなカバーオール。足をバタバタしはじめる1カ月頃から着せましょう。

・キュートなデザインのラップクラッチセットと、キャップ、スタイも揃ったお得なセット ・夏におすすめ!夏丈、短丈のラップクラッチ

生後3カ月~8カ月頃向け

赤ちゃんの首がすわる3カ月頃からは、ラップコンパクトやラップワンピースを着せましょう。上下セパレート風に見えるデザインでおしゃれも楽しめて、お世話もしやすい、オムツ替えカンタンなロンパースです。
腰がすわり始める6カ月頃からは、ファーストウェアやセパレートタイプのお洋服にも挑戦してみましょう。

3カ月頃~

6カ月頃~

生後8カ月頃~向け

上下セパレートのウェアでキッズと同じようにコーディネートを楽しみましょう!春のお出かけにもぴったりなキュートなデザインがたくさんです!